スポーツ

  • 印刷
阪神の矢野燿大監督(右)と“矢野ガッツ”で記念撮影する近大の佐藤輝明内野手=27日午後、大阪府東大阪市の近畿大学
拡大
阪神の矢野燿大監督(右)と“矢野ガッツ”で記念撮影する近大の佐藤輝明内野手=27日午後、大阪府東大阪市の近畿大学
交渉権獲得カードを手に、阪神・矢野燿大監督(右)と記念撮影する近大の佐藤輝明内野手=27日午後、大阪府東大阪市の近畿大学
拡大
交渉権獲得カードを手に、阪神・矢野燿大監督(右)と記念撮影する近大の佐藤輝明内野手=27日午後、大阪府東大阪市の近畿大学
近大の佐藤輝明内野手が阪神・矢野燿大監督から受け取った交渉権獲得カードには「一途一心」のメッセージ=27日午後、大阪府東大阪市の近畿大学
拡大
近大の佐藤輝明内野手が阪神・矢野燿大監督から受け取った交渉権獲得カードには「一途一心」のメッセージ=27日午後、大阪府東大阪市の近畿大学

 プロ野球ドラフト会議から一夜明けた27日、地元の阪神から1位で指名された近大の佐藤輝明内野手(仁川学院高出身)が大阪府東大阪市の同大学で指名あいさつを受けた。矢野燿大監督と初対面し、「走攻守でスケールの大きい、球界を代表する選手になりたい」と誓った。

 佐藤内野手は今秋、関西学生野球の新リーグでの通算本塁打新記録(14本)を樹立した左の長距離砲。守備では内外野をこなし、50メートル6秒と三拍子そろった資質の高さが評価され、ドラフト会議では4球団が1位指名で競合した。

 矢野監督とは約30分間会談。「一途一心」とメッセージが書かれた交渉権獲得カードを直接受け取り、記念撮影では、試合中に矢野監督が見せる力強いガッツポーズ“矢野ガッツ”で健闘を誓った。

 猛虎の指揮官は「トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を超える『フォーティフォーティ』(40本塁打、40盗塁)を狙い、誰も追い付かない所まで成長して」と期待した。

 近大OBの阪神の先輩にちなみ「糸井2世」とも称される佐藤内野手は「糸井嘉男選手に体の鍛え方を聞いてみたい」と目を輝かせ、「阪神の熱いファンに愛される選手になりたい」と力を込めた。(長江優咲)

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ