スポーツ

  • 印刷
大会延期について会見する組織委員会会長の井戸敏三兵庫県知事(右)と松本正義・関西経済連合会会長=28日午前、大阪市北区(撮影・斎藤雅志)
拡大
大会延期について会見する組織委員会会長の井戸敏三兵庫県知事(右)と松本正義・関西経済連合会会長=28日午前、大阪市北区(撮影・斎藤雅志)

 兵庫県など関西を中心に行われる生涯スポーツの国際大会「ワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西」の大会組織委員会は28日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、同大会を1年程度延期し2022年5月に実施すると発表した。1985年に始まったWMGの延期は初めて。

 入国規制が緩和されない上、コロナで重症化しやすい高齢者の参加も多い。組織委会長の井戸敏三兵庫県知事は「競技だけならやり遂げられるが、選手が交流し、競技後に観光も楽しんでもらう大会理念を全うするには、来年5月では難しい」と理由を述べた。

 大会の総事業費は約62億円。延期に伴い、さらに5億~6億円増えるとみられる。詳細な開催日程は各競技団体と調整し、11月4日にスイスである国際マスターズゲームズ協会(IMGA)の総会で正式決定する。

 コロナの収束が見通せない中、井戸知事は「これ以上の延期は現時点では考えていない。開閉会式をオンラインで行うなど感染対策を考えていきたい」とした。

 27日現在で大会への参加申し込みは1万4933人(国内1万3139人、国外1794人)。来年2月末としていたエントリーの締め切りも1年延ばし、キャンセルも受け付ける(手数料が必要)。

 WMGは原則30歳以上なら誰でも参加でき、10回目の今大会は来年5月14~30日、関西2府4県と福井、徳島など4県を会場に35競技が行われる予定だった。(斉藤絵美)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ