スポーツ

  • 印刷
松井治輝
拡大
松井治輝

 サッカーJリーグ3部(J3)今治に来季加入が内定した神戸弘陵高のMF松井治輝。169センチ、60キロと細身ながら視野の広さや左足キックの質が高く評価され、プロへの狭き門を開いた。

 兵庫県西宮市出身。「レベルの高い仲間と日本一になりたい」と西宮SSから強豪私学の一員となった。けがや選手層の厚さなどで全国高校選手権で16強入りした昨冬までは途中出場がほとんどだったが、「俯瞰(ふかん)して物事が見えている。1本のパスでDF数人を置き去りにできる」と谷純一監督はボランチとしての才能を認める。

 最上級生になり、守備の意識が高まったという松井。2連覇を目指す県選手権では長短のパスで敵の急所を突く一方、敵の動きを読んでピンチの芽を摘むなど、攻守に存在感を発揮している。

 Jリーグで活躍する先輩には、J1柏でブレーク中の司令塔、江坂任(あたる)らがいる。「僕も後輩たちの見本となるようなプレーがしたい」。元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるクラブで、プロ選手としての一歩を踏み出す。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ