スポーツ

  • 印刷
男子・須磨学園は神戸地区予選1区の広内颯(右)、2区の林田蒼生ら都大路経験者がずらりと並ぶ=三木市
男子・須磨学園は神戸地区予選1区の広内颯(右)、2区の林田蒼生ら都大路経験者がずらりと並ぶ=三木市

 男子は昨年の都大路を経験した須磨学園と西脇工、2年連続で県大会2位の報徳の3強が今年も激戦を繰り広げそうだ。

 須磨学園は2時間3分46秒で14位だった昨年の全国大会を6人が経験しているのが強み。広内は5000メートル14分9秒42の今季ベストを持ち、神戸地区予選では1区を走った。永吉、喜多村も長距離区間を担える。県高校ユース対校選手権2年1500メートルで大会新記録を出した林田はスピードが魅力。主将の大林をはじめ、上仮屋、八沢、1年の熊井ら高い総合力で3年ぶりの栄冠を狙う。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月5日)

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ