スポーツ

  • 印刷
女子・西脇工の2区久保希蘭々(左)からたすきを受け取り走り出す3区宗佐菜々実(撮影・秋山亮太)
拡大
女子・西脇工の2区久保希蘭々(左)からたすきを受け取り走り出す3区宗佐菜々実(撮影・秋山亮太)
2位でフィニッシュする女子・西脇工のアンカー井沢奈甫(撮影・吉田敦史)
拡大
2位でフィニッシュする女子・西脇工のアンカー井沢奈甫(撮影・吉田敦史)

 女子の第37回兵庫県高校駅伝(神戸新聞社後援)は8日、丹波篠山市の高校駅伝コースで行われ、須磨学園が優勝し、全国高校駅伝(12月20日・たけびしスタジアム京都発着)の出場権を得た。上位10校は近畿高校駅伝(11月22日・南あわじ市おのころ島神社-三原中)に出場する。

 西脇工は序盤の出遅れを挽回して3年連続の2位。控え場所で仲間と再会するたびに悔し涙を流す2年生八木をメンバーが温かく励ました。

 1区の八木は1キロを過ぎて須磨学園の土井から離れた。「ついていこうとしたペースが速かった」とリズムを崩し、4キロまでに津名と姫路商、中継所前で小野に追い抜かれた。全国高校陸上3000メートルに出場し、東播地区予選は走らず「どれだけできるか分からない状況だった」。声も出ない状態でなんとか5番目にたすきをつないだ。

 そんな窮地に5人の中で唯一の3年生久保が2区で発奮した。「らしい走りだった」と吉良監督。「イメージしたより後ろだったが、自分なりの走りができた」と反撃に転じて小野、津名をかわし、3位に押し戻した。

 3区宗佐は堅実なレース運びで2位と11秒差に縮め、4区松井は4秒差で区間賞を逃したが、姫路商を抜き去り2位に浮上。アンカーの1年生井沢が順位を保った。

 須磨学園に3年連続の区間賞独占を許したが、前回より30秒速いタイムで「少しずつ近づいてきた」と久保。近畿大会こそ女王の背中を追いかけたい。(尾藤央一)

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 14℃
  • 10℃
  • 50%

  • 12℃
  • 7℃
  • 50%

  • 15℃
  • 10℃
  • 70%

  • 14℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ