スポーツ

  • 印刷
神戸製鋼コベルコスティーラーズのロゴ
拡大
神戸製鋼コベルコスティーラーズのロゴ

 ラグビートップリーグ(TL)の神戸製鋼は7日、神鋼灘浜グラウンド(神戸市東灘区)で開幕前最後のプレシーズンマッチに臨み、58-26でホンダに快勝した。1トライのナンバー8ナエアタは「後半はいいパフォーマンス」とうなずいた。

 ナエアタのトライは後半13分。ゴールラインまで約20メートル付近でボールを持つと、193センチ、118キロの巨体を揺らしながら相手のタックルを次々とかわした。別の局面では、ボールを片手でつかんだまま前進した。

 トンガ出身で、2018年に流通経大から加入した26歳。新たに日本国籍を取得したのも代表入りを目指すためだが「神戸の優勝のために頑張りたい」と意気込む。

 神戸製鋼はこの日、新加入のフッカー松岡ら途中出場の3人がゴールラインを割るなど後半だけで6トライ。16日の開幕戦(対ヤマハ発動機)に向け、順調に仕上がっている。(有島弘記)

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 5℃
  • 1℃
  • 20%

  • 1℃
  • -1℃
  • 80%

  • 5℃
  • 2℃
  • 10%

  • 4℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ