スポーツ

  • 印刷
優勝杯を手にして歓喜の雄たけびをあげる天理大の松岡大和主将ら(日本ラグビーフットボール協会提供)
拡大
優勝杯を手にして歓喜の雄たけびをあげる天理大の松岡大和主将ら(日本ラグビーフットボール協会提供)
早大の相良南海夫監督と健闘をたたえ合う天理大の松岡大和主将(右)=日本ラグビーフットボール協会提供
拡大
早大の相良南海夫監督と健闘をたたえ合う天理大の松岡大和主将(右)=日本ラグビーフットボール協会提供
優勝杯を手にする天理大の松岡大和主将(日本ラグビーフットボール協会提供)
拡大
優勝杯を手にする天理大の松岡大和主将(日本ラグビーフットボール協会提供)

 ラグビーの全国大学選手権最終日は11日、東京・国立競技場で決勝が行われ、天理大が前回王者の早大を55-28で下し、初優勝を飾った。関西勢の制覇は1984年度に故平尾誠二さんを擁して3連覇した同大以来36大会ぶり。天理大は3度目の決勝挑戦で悲願を達成した。

 甲南中(兵庫県芦屋市)で楕円球に出合った男が日本一にたどり着いた。天理大を束ねたフランカー松岡大和主将(神戸市北区出身)は試合後のインタビューで「めちゃくちゃうれしい」と絶叫。残り8分での交代、ノーサイドの瞬間。あふれる思いは涙に変わっていた。

 漆黒のユニホームをまとった背番号7は2年前の決勝で敗れた思いを秘め、泥くさく密集に突っこんだ。両脚にテーピングを巻く満身創痍(そうい)ながら、持ち前の運動量は衰えなかった。

 全国高校大会兵庫県予選で4強が最高成績の甲南高時代。当初は一般入学で関東の大学を目指していたが、一転して関西の強豪の門を叩いた。リーダーとしてチームを関西勢36大会ぶりの全国王者に導き「関西でも食らいついていけばチャンスはある。勇気を与えられたかな」。22歳が大仕事をやってのけた。(尾藤央一)

スポーツの最新
もっと見る

天気(1月19日)

  • 5℃
  • 1℃
  • 20%

  • 1℃
  • -1℃
  • 80%

  • 5℃
  • 2℃
  • 10%

  • 4℃
  • 1℃
  • 40%

お知らせ