スポーツ

  • 印刷
木原美悠(資料写真)
拡大
木原美悠(資料写真)

 卓球の全日本選手権最終日の17日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で女子シングルス準決勝があり、兵庫県明石市出身の16歳、木原美悠(エリートアカデミー)は2-4で、東京五輪日本代表の石川佳純(全農)に敗れた。

 木原は第1ゲームから3連続で落とすも、第4、5ゲームを連取して反撃。一気に逆転を狙ったが、第6ゲームを6-11で失い、決勝進出を逃した。

 木原は前々回、史上最年少の14歳で準優勝。今大会で初制覇を目指したが、通算4度の優勝を誇る石川の壁は高かった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(3月4日)

  • 14℃
  • 5℃
  • 20%

  • 17℃
  • 0℃
  • 10%

  • 15℃
  • 5℃
  • 20%

  • 15℃
  • 3℃
  • 20%

お知らせ