スポーツ

  • 印刷
1型糖尿病同士の思いをオンラインで語り合った岩田稔投手(左)とサンペール選手
拡大
1型糖尿病同士の思いをオンラインで語り合った岩田稔投手(左)とサンペール選手

 1型糖尿病を抱えながらアスリートとして第一線で活躍するプロ野球阪神の岩田稔投手とサッカーJ1神戸のセルジ・サンペール選手が8日、オンライン交流会で体験談などを語り合った。

 1型糖尿病は、生活習慣に関係なく発症する原因不明の自己免疫疾患で、インスリン注射を毎日打ち続けなければならない。病気への理解を深めてもらおうと、支援団体「日本IDDMネットワーク」が競技や国籍を超えた交流会を主催した。

 ともに10代で発症した2人は、当時の悩みや病気の公表を決意した思いを紹介した。今も試合中に低血糖になるという岩田投手は「ベンチでゼリーを小まめに取っている」。逆に試合中は血糖値が上がりやすいというサンペール選手は「インスリン注射と砂糖を常に持ち歩いている」と血糖値管理の大切さを話した。

 低血糖になった岩田投手が、後輩を説教した後に意識を失い、救急車で運ばれたエピソードを明かす場面も。同じ病気を持つ子どもたちの質問にも真摯(しんし)に答えた2人は「病気の根治が夢。治療法の研究のため、協力して活動していきましょう」と誓い合った。(山本哲志)

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(9月29日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 20℃
  • 20%

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ