スポーツ

  • 印刷
昨年の日本選手権女子5000メートルで初優勝し、東京五輪代表の座を手にした田中希実=ヤンマースタジアム長居
拡大
昨年の日本選手権女子5000メートルで初優勝し、東京五輪代表の座を手にした田中希実=ヤンマースタジアム長居
2019年のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)女子で優勝し、東京五輪代表に決まった前田穂南=東京・明治神宮外苑
拡大
2019年のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)女子で優勝し、東京五輪代表に決まった前田穂南=東京・明治神宮外苑

 陸上の日本グランプリシリーズ神戸大会、第69回兵庫リレーカーニバル(4月24、25日・ユニバー記念競技場=兵庫陸上競技協会、神戸新聞社など主催)のグランプリ種目に出場する選手が決まった。新型コロナウイルスの影響で昨年の大会は中止となったため、2年ぶりの開催。今夏の東京五輪日本代表の2選手をはじめ、男子5種目、女子6種目に約130人(9日現在=ペースメーカー2人を除く)がエントリーし、熱戦を繰り広げる。(金山成美)

 女子の1万メートルは東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋、尼崎市立園田東中出身)が出場。松下菜摘(天満屋)、逸木和香菜(九電工)、森田香織(パナソニック)らが競う。

 1500メートルには日本記録保持者で東京五輪5000メートル代表の田中希実(豊田自動織機TC、西脇工高出)をはじめ、2019年日本選手権覇者の卜部蘭(積水化学)や後藤夢(豊田自動織機TC、西脇工高出)らによる好レースが期待される。

 2000メートル障害は石沢ゆかり(エディオン)、吉村玲美(大東大)、山中柚乃(愛媛銀行)、藪田裕衣(大塚製薬、市尼崎高出身)ら20年の3000メートル障害日本ランキング上位10人が集結する。

 棒高跳びは日本選手権2連覇中の那須真由(籠谷、明石商高-園田女大出)、昨年日本高校記録を樹立した古林愛理(園田女大、明石商高出)、竜田夏苗(ニッパツ、武庫川女大出)ら兵庫ゆかりの選手がそろい、昨年日本ランキングトップの諸田実咲(栃木県スポーツ協会)も参戦。走り幅跳びは一昨年大会優勝の秦澄美鈴(シバタ工業、武庫川女大出)、昨年の日本選手権を制した高良彩花(筑波大、園田高出)、中野瞳(和食山口、長田高出身)が地元での活躍を誓う。円盤投げは20年日本ランキング1位の斎藤真希(東女体大)、日本記録保持者の郡菜々佳(九州共立大)らが集う。

 男子の1万メートルはリチャード・キムニャン(日立物流)らスピードのある外国人選手に、鈴木祐希(カネボウ)、照井明人(SUBARU)、今井崇人(旭化成、宝塚北高出身)、村本一樹(住友電工、星陵高-兵庫県立大出)らが挑む。藤本珠輝(日体大、西脇工高出)ら大学生ランナーにも注目が集まる。

 1500メートルは日本選手権3度優勝の館沢亨次(DeNA)、的野遼大(三菱重工)、高橋佑輔(札幌市陸協、兵庫高出)らが登場。2000メートル障害は3000メートル障害で日本歴代2位の記録を持つ三浦龍司(順大)や山口浩勢(愛三工業)らが名を連ねた。

 円盤投げは日本記録保持者の堤雄司(ALSOK群馬)、同2位の湯上剛輝(トヨタ自動車)に加え、幸長慎一(四国大大学院、姫路市立東中出身)、蓬田和正(ゴールドジム、姫路商高出身)ら昨年日本ランキング10傑のうち9人がひしめく。やり投げは昨年日本ランキング1位でロンドン五輪代表のディーン元気(ミズノ、市尼崎高出身)、日本歴代2位の記録を持つ新井涼平(スズキ)らがしのぎを削る。

■観戦ガイド

【日時】24日午前9時30分開始式、同10時競技開始=無観客▽25日午前9時30分競技開始=有料(両日とも雨天決行)

【会場】ユニバー記念競技場(神戸市営地下鉄総合運動公園駅下車)

【前売り券(25日)】指定席444枚=2500円(当日3000円)▽一般1556枚=1300円(同1900円)▽中高生1000枚=700円(同1100円)※消費税込み、小学生以下無料。ローソンチケットのみで販売(Lコード51709)

【問い合わせ】神戸新聞社事業局TEL078・362・7086

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月7日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 50%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ