スポーツ

  • 印刷

 競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権最終日は10日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、白血病から復調してリレー2種目で五輪切符を手にしている池江璃花子(ルネサンス)が女子50メートル自由形を24秒84で制した。非五輪種目の50メートルバタフライも25秒56で勝ち、出場した4種目全てで優勝。50メートル自由形では派遣標準記録(24秒46)を突破できなかった。

 男子16、女子13の計29選手が東京五輪代表に決まった。前回のリオデジャネイロ五輪より5人減った。今大会で四つの日本新記録が生まれた。

 男子の50メートル自由形は中村克(イトマン東進)が21秒97、1500メートル自由形は竹田渉瑚(オーエンス)が14分55秒70で勝ったが、ともに派遣標準記録は突破できなかった。

 男子50メートル自由形の坂井孝士郎(塚口SS)は22秒30で6位、同1500メートル自由形の尾崎隆太(福井県スポーツ協会、須磨学園高出身)も15分20秒41で6位に終わり、いずれも代表入りを逃した。

 非五輪種目では男子50メートルバタフライで川本武史(トヨタ自動車)が23秒17の日本新記録で優勝した。男子50メートル平泳ぎは日本雄也(アクアティック)が27秒30で制し、女子50メートル背泳ぎでは400メートルメドレーリレー代表の小西杏奈(ガスワン、兵庫県豊岡市出身)が28秒32で2位だった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月7日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 50%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ