スポーツ

  • 印刷
防衛戦へ意気込む(右から)野中悠樹、加納陸。左端は松岡新=三田市の大成ジム
防衛戦へ意気込む(右から)野中悠樹、加納陸。左端は松岡新=三田市の大成ジム

 世界ボクシング機構(WBO)アジア・パシフィック・ミドル級王者の野中悠樹(渥美、兵庫県尼崎市出身)と、同ライトフライ級王者の加納陸(大成、兵庫県川西市出身)の防衛戦(神戸新聞社後援)を6月6日にエディオンアリーナ大阪で行うと、大成ジムが15日発表した。43歳の野中は、1年9カ月ぶりの実戦へ「勝って世界に向けてアピールしたい」と意気込んだ。

 日本ボクシングコミッション(JBC)公認タイトルで国内男子史上最年長王者の野中は、2度目の防衛戦で日本スーパーウエルター級3位の越川孝紀(一力)と戦う。古巣ジムへの復帰後の初戦で「コロナ禍の中、あがいてもがいてやってきた。同年代にも勇気を与えたい」と語った。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月7日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 50%

  • 23℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

  • 21℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ