スポーツ

  • 印刷
スポーツチャンバラのポーズをとる市古憲一郎(右)と山野夏海。共に大学日本一に輝いた=神戸市中央区、兵庫県公館
スポーツチャンバラのポーズをとる市古憲一郎(右)と山野夏海。共に大学日本一に輝いた=神戸市中央区、兵庫県公館

 昨年12月に静岡県であったスポーツチャンバラ(スポチャン)の全日本学生選手権を制した男子の市古(いちこ)憲一郎(関西外大、明石清水高=兵庫県明石市=出)と女子の山野夏海(豊橋技術科学大、明石高専出)がこのほど、兵庫県スポーツ優秀選手賞の金メダルに輝いた。競技の普及にも熱心な21歳コンビは「次は世界大会を目指す」と威勢がいい。

 市古は神戸市西区出身で、6歳の時に地元の道場で競技を始めた。高校卒業前には米国で2カ月間過ごし、現地の空手道場を回ってスポチャンの魅力を伝えた。関西外大では他の学生と共にスポチャンのサークルを立ち上げ、腕を磨いている。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ