スポーツ

  • 印刷
座安琴希
拡大
座安琴希
岩坂名奈
拡大
岩坂名奈

 バレーボールVリーグ1部(V1)女子の久光(練習拠点・神戸市)は26日、2016年リオデジャネイロ五輪日本代表のリベロ座安琴希(31)、前日本代表主将のミドルブロッカー岩坂名奈(30)、セッター小島絢野(29)の3選手が6月30日付で現役を引退すると発表した。

 座安は、リオ五輪でレシーバーとして代表入り。Vリーグの前身、プレミアリーグではベストリベロ賞やサーブレシーブ賞に輝くなど、チームの守護神として活躍した。

 岩坂は17~19年に代表の主将を務め、プレミアリーグではベスト6に選ばれるなど、187センチの長身ミドルブロッカーとして奮闘。小島は一度引退し、結婚、出産を経て19年から復帰していた。

 29日に紅白戦と引退セレモニーがあり、午後2時から久光の公式ユーチューブチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCQJGUiIXcivKgT8SNgftoZQ)で生配信する。(金山成美)

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月17日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ