医療

医療トップへ
特集

わが子よ 生みの親、育ての親

  • 印刷
シャボン玉を吹く四男

シャボン玉を吹く四男

 藤田雄一(63)と真智子(63)が生後2カ月の長男を養子として迎えたのは1982年。以後20年の間に、長男を含めて男女計5人の子どもが藤田家に来た。

 長男が成長するにつれ、養子縁組のことをどう伝えるか夫婦は悩んだ。事実を隠さず、ありのまま伝えることは「真実告知」と呼ばれる。

2014/4/16

 血のつながりがなくても絆があれば-。そんな思いで養子を迎えたいと望む夫婦。さまざまな事情で子どもを手放さなければならない生みの親。特別養子縁組を仲介する藤田の活動を通じ、親子のありようを考えたい。

ぬくもり、少しでも

天気(9月23日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ