連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
2つの猫用トイレがすっぽり!
拡大
2つの猫用トイレがすっぽり!

数ある猫アイテムの中で、意外と置き場所に悩んでしまうのが猫トイレ。多頭飼いライフを楽しんでいる飼い主さんの中には「トイレ周りをもう少しスッキリさせたい…」と思っている方もいるのでは?そんな悩みを解決してくれそうなのが、DIYで作れる猫トイレマンションです。制作者は、フリーイラストレーターのねこねこクラフトさん(@nekonekocraft)。猫トイレマンションは愛猫のしますけくん(Twitter上での呼称:ねこ氏)とこいこいちゃんが楽しく行け、人間の負担も減らせるトイレ置き場です。

■トイレを縦置きにしたくて生まれた「猫トイレマンション」

小さな頃から絵を描くことが好きだった、ねこねこクラフトさん。もともとは食品系の会社でデザイナーをしていましたが、妊娠を機に退職。つわりが酷かった時期、気晴らしに大好きな猫のイラストを描くようになり、現在ではオリジナルグッズを制作したり、うちの子イラストを描いたりと大活躍しています。

猫トイレマンションを制作したのは、猫用トイレにまつわる悩みをなんとか解消したかったから。「2つの猫用トイレは別々の場所に置いていたのですが、部屋が狭くなったり、掃除がしにくかったりすることが気になっていました」

悩んだねこねこクラフトさんの頭に浮かんだのは、猫用トイレを縦に置くというアイデア。早速、ホームセンターで木材(1×4材)をカットしてもらい、購入。手書きの設計図をもとに、理想を形にしていきました。

こだわったのは、上下運動が好きな猫たちが楽しくトイレへ行けるようにステップを付けたことと、猫砂やペットシーツ、お掃除グッズなどをしまえるよう、最上段を収納スペースにしたこと。

「必要な時にすぐ取り出せるので、便利です。猫トイレマンションは換気扇がついている洗面所のすぐ横に設置しているため、においがこもる心配もありません」

完成した猫トイレマンションに、愛猫たちは興味津々。特におてんばガールのこいこいちゃんはステップを登り、早速、遊び始めたのだとか。

2匹はその後、教えられたわけでもないのに自ら別々のトイレを使用するように。「1階はしますけ、2階はこいこい専用になっています。正直、ちゃんと使ってくれると期待していなかったので、とても嬉しいです(笑)」

そう喜ぶねこねこクラフトさんは、この猫トイレマンションをDIYしたいと考えている方に、こんなアドバイスを贈ります。「今回はコスパよく済ませるために木材を繋げて作りましたが、一枚板で作ったほうが軽く、簡単に仕上がると思います。自作すると愛着が湧きますし、作ったこと自体が思い出になるので、楽しみながら制作してみてほしいです」

人と猫、双方にとって嬉しい工夫が盛り込まれた猫トイレマンション作り、ぜひチャレンジしてみたいものです。

■脱走防止ゲートやキャットウォークもDIY

愛情溢れる猫用トイレマンションを完成させたねこねこクラフトさんは他にも、利便性のある魅力的な猫グッズをいくつかDIY。

そのひとつが、愛猫の安全を守れる「脱走防止ゲート」。

こちらも、ホームセンターで購入した木材を使用。制作にあたり、ねこねこクラフトさんはどのくらいの幅や高さにすれば、愛猫たちが通り抜けないのかを真剣に考えました。「あと、荷物を持っていたり、子どもを抱っこしたりしていても片手で楽に開け閉めできる扉にしたかったので、何度も設計図を描き直しましたね」

試行錯誤の末、思いついたのが、軽い力でも引けるよう、扉にキャスターをつけるというアイデア。支柱には細い木材を使用し、圧迫感がでないようにしました。

「支柱の間隔は成猫が通れない50mm幅にしました。家具の買い替えなど、いざという時にはゲートを取り外せるよう、ディアウォール(突っ張り棒の要領で柱を設置できる便利グッズ)を使い、壁に直接打ち付けない取り付け方にしました」

また、扉には猫型のフックをつけ、開け閉めする時にちょっぴり心が和むように工夫。

完成した脱走防止ゲートに対し、2匹の愛猫たちは意外にも無反応だったようですが、宅急便が来た時など、突然、玄関を開けなければならないシーンでの心配が減ったことにねこねこクラフトさんは嬉しさを感じています。

また、おうちにはDIYしたキャットウォークも。

「こちらも、ホームセンターで購入した木材(1×4材)で作りました。我が家は窓枠が白いので、それに合わせて白色の塗料で着色し、棚受け用のL字金具で壁に固定しました」

愛情がたくさん詰まったこのキャットウォークの上で、2匹の猫たちは日向ぼっこをしたり、風にあたったりと思い思いの時間を満喫。その姿を目にし、ねこねこクラフトさんは癒しを感じています。

「いつかキャットタワーも手作りしたい。アスレチックのように楽しく遊べて、くつろげるハンモックも設置したいです」そう意欲を燃やすねこねこクラフトさんのDIYには、猫と人が快適に暮らせるヒントが多く盛り込まれているように思えます。

自然に顔がほころぶ、ねこねこクラフトさんのイラストを楽しみつつ、今後どんなDIY作品が生み出されていくのか、ぜひチェックしてみてください。

(愛玩動物飼養管理士・古川 諭香)

2021/11/5
 

天気(1月27日)

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 7℃
  • 3℃
  • 40%

  • 11℃
  • 4℃
  • 10%

  • 10℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ