連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
上海ガニの個人輸入は違法です(イメージ画像)
拡大
上海ガニの個人輸入は違法です(イメージ画像)

10月31日、人気ユーチューバーが中国から生きた上海ガニ(チュウゴクモクズガ二)を輸入したという内容の動画を公開したところ、特定外来生物被害防止法に違反するという指摘が相次ぎ炎上した。

人気ユーチューバーは生きた上海ガニを輸入することが違法行為にあたることを知らなかったと釈明し、謝罪のコメントを発表するもSNSユーザー達からは

「何がやばいって初動でインフルエンサーがさも上海蟹が仲介業者やインターネットから何の問題もなく買えるって誤情報を煽りも添えて発信したことだよな 知らなかったならまだ分かるんだけど知識ないのに勝手にセーフ判定してるんだから叩かれても仕方ない」

「特定外来種を生きた状態で販売してた業者と容認してたヤフオクに責任があると思うけど指摘コメントを非表示にしたり煽るようなツイートしてたのはダメだよな。」

「無知さよりも自分が正しいと思い込んで指摘した人をこわって言ったり、非表示にする人間だったのにがっかりした。」

など数々の手厳しい批判の声が上がる。

環境省がインターネット上で公開している注意喚起によると、上海ガニは「海外起源の外来生物で、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼす」特定外来生物に指定されている。正規の手続きを経て輸入されたものでない限り輸入は禁止されており、違反物は個人の場合「個人の場合最高で、3 年以下の懲役もしくは 300 万円以下の罰金、法人の場合 1 億円以下の罰金が課される」(環境省 )ということだ。

SNS上で大きな注目を集めたこの問題だが、今もインターネット上ではさも当然のように生きた上海ガニが販売されている。2018年には神奈川県で上海ガニを養殖、販売した悪質な鮮魚販売業者が書類送検されているのだが、高級食材として人気があるだけに違反者は跡を絶たないようだ。

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)

2021/11/13
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ