連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
福岡の魚がメチャクチャうまいことを知っていましたか?
拡大
福岡の魚がメチャクチャうまいことを知っていましたか?

久留米ラーメン、博多ラーメン、博多うどん、もつ鍋、鉄鍋餃子など、火を入れた名物がグルメが多いように思える福岡県ですが、一方、海に囲まれたエリアであることで鮮魚も絶品です。ただし、鮮魚は生モノですので、現地に出向かなければ美味しいものにはなかなか巡り合えないように思って諦めていました。しかし、福岡市中央卸売市場の鮮魚市場内でトップの取り扱い量を誇るアキラ水産から、一般流通が難しい刺身と魚漬の通販をスタートさせたとのニュースが舞い込んできました。今回は特に魚が美味しくなる場に向けこの「博多幸盛りセット」を取り寄せレビュー。アキラ水産・担当者の方にも話を聞いてみました。

■福岡県沖に漁に出る漁師さんたちは、「処理」にこだわりがあった!

まず、福岡県の魚がうまい理由についてアキラ水産の担当者の方に尋ねてみました。

「福岡県沖に広がる玄界灘は、海流と地形の影響で魚のエサとなるプランクトンが豊富で、小魚や大型の魚などが集まる恵まれた環境です。さらに、玄界灘で獲れた新鮮で美味しい魚を届けるために漁師は、血抜きや活き締め、神経抜きといった『鮮度を保つ技術』を丁寧に行い処理しています。『恵まれた環境』と『漁師の技術』があるからこそ、福岡県の魚は新鮮でうまいと言われています」(担当者)

確かに、ただ海で獲ったその場で処理をするかしないかで、魚の味にも大きな影響があると聞いたことがあります。この点、福岡県の漁師さんは、このように丁寧に処理して流通させるから、うまいというわけですね。

さて、今回はアキラ水産が展開する刺身・魚漬セットの「博多幸盛り」をオーダーしてみたわけですが、入っていた魚種は以下の通りでした。

天然真鯛、平政、炙りサワラ、サーモン、ヤリイカ、蒸しアワビ、胡麻タイ(漬け)、胡麻平政(漬け)、胡麻アジ(漬け)

このうち、サーモンと蒸しアワビのみ養殖ですが、それ以外は主に博多港で水揚げされた新鮮な魚ばかり。季節によって魚種が変わることがあるそうですが、いずれも「福岡の魚」を最優先にしているのだそうです。

■絶品刺身のオンパレード。一口食べればそこはもう福岡県!

いずれも真空パックに入った冷凍モノですが、指定の方法で簡単に解凍することができます。まずは刺身からいただきましたが、いずれも「冷凍」とは思えないほどの鮮度の良さであり、各魚種の風味が存分に引き上げられています。また、さらに手間を加えた炙りサワラや蒸しアワビなどは、これらの刺身に香ばしさが加わり、お酒がグングン進みます。

続いて、魚漬けの胡麻タイ、胡麻平政、胡麻アジをいただきます。こちらも丁寧に胡麻ダレが漬けられており、そのまま刺身感覚でいただくもヨシ、漬け丼のようにご飯の上に乗せて食べるもヨシの味わい深い逸品でした。

さらに特筆すべきは同梱されている九州の甘い醤油、そして風味豊かな伊豆天城産の生わさび。これにつけて食べればもうここは福岡県。福岡県出身の方はもちろん、九州ファンにはたまらないギフトだと思いました。

■多くの業者がやりたがらない「刺身の通販」を実現する理由とは!?

しかし、ここで疑問も浮かびます。刺身の通販などが少ない理由はやはり「鮮度をキープさせられるかどうか」が難しく、この理由から多くの水産業者がやりたがらないのではないかと思います。これが正しいかどうかはさておき、数少ない刺身の通販を、アキラ水産があえて実現できる理由はなんなのでしょうか?

「まず、鮮度の良い魚だけしか使用しない点にあると言えます。また、こういった鮮度の良い刺身を急速冷却凍結技術装置で冷凍することで、魚の細胞を壊すことなく凍結することができます。この効果では、解凍したときに出やすいドリップ(赤い液体)がほとんど出なくなり、凍結前の旨味や食感を味わうことができます。自信の逸品ですので、この『博多の味』をぜひご堪能いただければ幸いです」(担当者)

アキラ水産は、福岡市中央卸売市場の鮮魚市場内でトップの取り扱い量を誇ることに加え、地元で100年以上の歴史を持つのだそうです。ノウハウと福岡県の強い地元愛を感じられる貴重なギフトのように思いました。年末年始の宴席などでも喜ばれそうな「博多幸盛り」、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

(まいどなニュース特約・松田 義人)

2021/11/19
 

天気(12月5日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ