連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
カフェ形式で楽しめる「フリートークレッスン」も評判だ
拡大
カフェ形式で楽しめる「フリートークレッスン」も評判だ

 コロナ禍で渡航先がロックダウンし留学をあきらめた男性が日本でも英語が上達できる環境が必要と立ち上げた英会話スクール「Be..English」(大阪・心斎橋)が話題だ。月謝を払えば通い放題になり、オンラインでの参加も自由。おまけに、家庭でも英会話できる環境が作れれば上達が早いと、1人分の月謝で家族1人が無料で学べるという画期的なシステムを導入している。口コミで広がり、子どもから高校生、大学生、ビジネスマン、主婦、高齢者まで幅広い層が通っている。

■上達の近道は通い放題 家族も学べば、自宅でも英語環境が整う

 2020年10月、大阪・心斎橋に英会話スクール「Be..English」が開校した。「以前からどうすれば英語を話せるようになるのかを考えてきました」というのは、同スクールを運営している株式会社Riseworksの青山滉平社長。当初、自らが留学を考えていたが、コロナ禍で渡航先がロックダウンになり、留学を断念。そんな出来事もあり、真剣に日本に居ながらにして英会話が上達できる方法がないかを考えていくうちに、スクール経営に結びついた。

 それも、しっかり英語が身につけられる環境を作る必要があると考えた青山社長は、独自の戦略を打ち出した。それが「通い放題」という考え方だ。月謝を払えば通い放題でオンラインの併用もできるというのだ。

 課題もあった。通い放題にすると、予約の問題も出てくる。「予約が取れないというのを防ぐために、会員数を100名様限定にし、1日2時間までを目安にしました」という。

 そして、会員数限定の最大の理由として青山社長は「お客様同士のスピーキング(英会話)をすごく大事にしたいと思っています。お客様同士のコミュニティやコミュニケーションを大切に考え、長く続けてもらうためにはお客様同士の空間づくりも大切にしていきたいからです」と話す。

 ただし、せっかく英語を覚えても、復習しなければ、忘れる可能性も高いという。そこで、さらに英語環境を充実させるために「家族1人の無料制度」を採用。お子さんと一緒に学ぶこともできれば、兄弟などが別々の時間で学ぶことも可能という。家族で学べば、家庭でも英語環境ができると考えてのことだ。

 実際にこのスクールに通っているビジネスマンに話を聞いてみた。

 「通い放題なので、入会してからは週3日以上通っています。英語に触れる機会が多くなったことで、日常の英会話はラクに話せるようになりました」

 家族1人無料のプランに魅せられて、親子で通っている女性にも話を聞いた。

 「子どもが入会し、私が無料で受講しています。家では親子と英会話を楽しんでいて、お互いに上達できていると思います」

■コロナ禍でネイティブな英語をオンラインで学ぶ人も増加

 同スクールでは、これまで日本で習ってきた英語ではなく、本場アメリカで使われている生きた英語で指導しているという。そのため、外国人、日本人問わず、ネイティブな英語ができる講師にこだわっている。

 レッスンの種類は大きく分けて3種。最大4名までの「グループレッスン」、自分のペースで英会話が学べる「マンツーマンレッスン」、それに、最大5名までのカフェ形式で楽しめる「フリートークレッスン」(母国語禁止)がある。

 ちなみに、各レッスンとも50分制。毎回マンツーマンというのはできない可能性もあるが、それでも、その月の最低4回は保証しているという。受講生の大半がいろんなレッスンを組み合わせて、英会話に挑戦しているともいう。

 気になる費用は「本会員プラン」が入会金1万円(税別)、月謝2万円(税別)。他に「法人プラン」などもある。開講日は毎週火曜日~土曜日、11時~21時(最終受付は20時)。※日曜日、月曜日、祝日は休館となっている。

 日常会話ぐらいは身につけたいという人から仕事にいかしたい人まで英会話を習う人はさまざま。聞けば、英会話の無料カウンセリング・無料体験もできるとか。どこまでも習う人の立場に立ったユニークな英会話スクールだ。

◇「Be..English」
大阪市中央区南船場3-6-1サイプレス心斎橋412号(心斎橋駅徒歩約3分)

(まいどなニュース特約・八木 純子)

2022/2/5
 

天気(6月29日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

  • 38℃
  • ---℃
  • 0%

  • 34℃
  • ---℃
  • 0%

  • 35℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ