連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
お友達が作ってくれたミルキーちゃんのぬいぐるみと。似てる?
拡大
お友達が作ってくれたミルキーちゃんのぬいぐるみと。似てる?

■野良の親子猫

ミルキーくん(享年5歳・オス)は、石川県金沢市内で野良の母猫が産んだ子猫だった。兄弟は全部で4匹。母子の世話をしていた猫好きの人たちが、「里親を見つけてあげたい」と保護を試みていたという。まず子猫1匹を捕獲し、数日後、母猫とミルキーくんたち3匹を捕獲。そのあしで動物病院に連れて行き、診察やシャンプーをしてもらったそうだ。

■一番小さな子猫、この子だ!

石川県に住む吉田さんは、ミルキーちゃんたちが連れてこられた動物病院に、以前から「保護猫の里親になりたい」と伝えていた。そのため、ミルキーちゃんたちが来ると動物病院から「保護猫が来たよ」と連絡が入った。

吉田さんは、すぐに駆けつけ、もう1組別の里親希望者と一緒にお見合いした。

「ミルキーを見た時、この子だ!と思いました。3匹いた子猫の中でも一番小さくて、そのまま連れて帰って家族になりました」

母猫は後日不妊手術を受け、保護主さんが子猫1匹と一緒に引き取った。もう1匹の子猫も里親が決まったそうだ。

■猫で繋がった縁

吉田さんは2匹の柴犬を飼っていたので、ミルキーちゃんが怪我をしないように部屋の中に柵をして、柵越しに対面させた。

「徐々に同じ空間で暮らして慣らしました。柴犬は女の子で、気が強い子でしたが、2、3カ月後には安心して見ていられるようになりました」

吉田さんには2人の娘がいて、柴犬も2匹とも女の子だったので、ミルキーくんは初めての男の子だった。

「男の子の可愛らしさを教えてくれた王子様のような存在でした。のんびりおっとりしていて、優しくて滅多なことでは怒りません。愛犬とプロレスごっこをしても、わざと負けてあげるような子だったんです」

ところが、ミルキーくんは2019年6月、天国に行ってしまった。まだ5歳、これからという時だった。ただ、猫で結ばれた縁があり、吉田さんは今でもミルキーくんの母猫や子猫たちに会いに行き、交流を続けているという。

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)

2022/5/2
 

天気(5月25日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ