連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
三谷さんの父親が残した植物のスケッチ。約300点もあるという(三谷純さん提供)
拡大
三谷さんの父親が残した植物のスケッチ。約300点もあるという(三谷純さん提供)

亡き父親が描いた花のスケッチがTwitter上で大きな注目を集めている。

「父が生前に描いた花のスケッチが出てきた。せっかくだからお披露目します。母が庭で育てていた植物を朝の出勤前に描いてて、全部で300枚くらいある。」

と件のスケッチを紹介したのは筑波大学教授の三谷純さん(@jmitani)。

白地の紙に優しく丁寧なタッチで描かれた色とりどりの植物たちからは、三谷さんの父親の心の温かさや息づかいが伝わってくるよう。三谷さんの投稿に対し、Twitterユーザー達からは

「お母様が大事に育ててお父様が それを優しく見守っていたのでしょうか。優しい、素敵な色合いの絵ですね。こんなお花の図鑑が欲しいです」
「これ、すぐコピーガードつけた方がいい、それくらい転用されても商用に使われそうなくらい、綺麗」
「とてもキレイな花ですね 文庫本くらいの大きさにまとめて名前が添えられていたら一生、手元に残しておきたいと思える美しさです うだる暑さのなか、一瞬でも暑さを忘れるほどに見惚れてしまいました」
「これは…心を奪われるというか 摑まれます…素敵な風合い 拡大して額装して個展してほしい…」
など数々の称賛と感動の声が寄せられている。

三谷さんにお話を聞いた。

ーーこの絵はいつ頃に描かれたものなのでしょうか?

三谷:今から20年くらい前のものです。実家の庭はそんなに広くはないのですが、母が珍しい植物が好きなので、いろいろな種類のものを育てて花を咲かせていました。父は出勤前の朝にそんな母が育てた植物をスケッチしていました。

ーーこの絵を見つけた時のご感想をお聞かせください。

三谷:私自身はそんなに頻繁に実家に帰省するわけではなかったので、実際に見る機会はあまりありませんでしたが、あらためてよくこれだけ継続して描いてきたものだと思いました。こうして多くの方の目に触れる機会があり、父も喜んでいると思います。

ーー今回の反響についてご感想をお聞かせください。

三谷:これほど多くの方から反応をいただけるとは思っていなかったので、とても驚いています。画像では小さく見えますが、1つ1つの絵はA5サイズのスケッチブックに絵の具で描かれたものです。タッチも実際は画像よりもう少し柔らかい感じです。絵の上手下手よりも、日々のささやかな営みに何かを感じていただけたコメントが多く、そのことをとても嬉しく思います。私自身は絵を描かないのですが、折り紙作品を作ったりしています。私も父のように何かを残していければいいなとあらためて思いました。

◇ ◇

この投稿の翌日はちょうど三谷さんの誕生日。三谷さんはTwitterのタイムラインでスケッチの上をお祝いの風船がフワフワ飛んでいく光景を見たという。

まるで三谷さんの父親から三谷さんへのお礼のようだと感じてしまったのは筆者だけではないのではないだろうか。

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)

2022/7/2
 

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ