連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
候補おかずたちの選挙ポスター、「とうひょうようし」、投票箱。本格的ながらも手作り感があたたかいですね(画像提供:山口良太さん)
拡大
候補おかずたちの選挙ポスター、「とうひょうようし」、投票箱。本格的ながらも手作り感があたたかいですね(画像提供:山口良太さん)

「5才児と選挙に行ったら『おとなだけずるい!』とのことなので、今夜のおかず総選挙を実施しました」

そうツイッターに投稿したのは、山口良太さん(@slow_camp)。5歳の息子さんに選挙を疑似体験させてあげるべく、おうちで「おかず総選挙」を実施したといいます。候補者は、「みんなだいすき」日本ハム党のシャウエッセン、「安心にまっすぐ」グリーンマーク党(信州ハム)のポークウインナー、「じゅわ旨っ。食卓の時短の味方」ニチレイフーズ党の特から(若鶏のから揚げ)の3品です。

どれも魅力的なおかずゆえ、激戦が予想された今回のおかず選挙。投票数6票のうち、シャウエッセンと特からが3票ずつ獲得し、晴れて食卓に並ぶ権利を得ました! 候補者ならぬ候補おかずたちの選挙ポスター、「とうひょうようし」は手作りながらも本格的で、ツイートには17.6万いいねがつきました。山口さん、当時のことを聞かせてください。

■「大喜びで参加していました」

ーー微笑ましい選挙ですね、発案者は山口さんですか。

「はい、私です」

ーーポスターや投票用紙を作ったのも?

「はい、私です。色鉛筆で普通のコピー用紙に描きました」

ーー「おかず総選挙」で有権者になった息子さんのリアクションは。

「『家で選挙をしよう』と提案しても最初はピンときていなかったようですが、ポスター、投票箱、投票用紙ができたのを見て『すごい!』と大喜びで参加していました」

ーー6票ありましたが、投票者は?

「家族3名(私、妻、息子)で、投票用紙はひとり2枚ずつ配り、3名の候補者(おかず)から上位2名を今夜のおかずにしようというシステムにしていました。ひとり2票と多めの設定にしたのは、万が一息子が好きなおかずが選ばれないことがあったら投票が嫌いになってしまうかもしれないと思ってのことでした。まずは自分の意思が生活に反映される経験が大事かなと思いました」

ーーシャウエッセンと特からが3票ずつでしたね。

「前述のシステムのとおり、シャウエッセンと特からの2つが採用されました」

ーー17.6万いいねがつくほど話題となりました。

「たくさんの方が反応されていますが、ほとんどの方が好意的に受け止めてくださっていてホッとしました。『うちでも真似してみよう』という声もあったので、これをきっかけに、こどもたちにも選挙や政治が身近な存在になるといいなと思います」

◇ ◇

息子さんに選挙権が与えられるのはまだ少し先のことですが、「おかず総選挙」はとてもいい経験になったことでしょう。

リプライ欄には、「シャウエッセンに一票」「野(菜)党もバランス良く採りたいですね」「ポスターが最高!うちもやってみよう!」「社会の仕組みを楽しく学べますね。素晴らしいことです」「私も参加したいです(笑)」「お父さんは自由飲酒党で……」と絶賛の声がずらりと並びました。

おかず総選挙、個人的に支持するのは特からです。みなさんはどの候補おかずに清き1票を投じますか。

(まいどなニュース・門倉 早希)

2022/7/14
 

天気(8月16日)

  • 33℃
  • 29℃
  • 30%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

  • 35℃
  • 29℃
  • 30%

  • 35℃
  • 28℃
  • 30%

お知らせ