連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
自動販売機イメージイラスト(ジェイアール東海パッセンジャーズ提供)
拡大
自動販売機イメージイラスト(ジェイアール東海パッセンジャーズ提供)

「シンカンセンスゴイカタイアイス」の愛称で親しまれる新幹線車内販売の人気商品「スジャータアイスクリーム」の自動販売機が、東京駅の東海道新幹線ホームに2022年7月15日に設置されました。車内販売の商品と同様、あのカチカチに凍ったアイスを乗車前に購入できます。新大阪駅にも設置されないかなあ。

設置時の商品ラインアップと価格は、バニラ(300円)、抹茶(300円)、ピスタチオ(390円)、モカ(350円)、ストロベリー(クッキー入り)(360円)の計5種。設置場所は、東京駅14・15番線ホームの2号車付近と、16・17番線ホームの6号車付近。決済方法は非接触クレジットカード決済、電子マネー決済、バーコード決済のみで、現金は利用できません。

この朗報にTwitterユーザーがさっそく反応。「こだま勢にとってありがたすぎる!今度乗るとき絶対買おう」「これで車内販売を待たずとも買えて、東京駅から溶かし始められる!」などの喜びの声とともに「東北・上越新幹線ホームにも設置して欲しい」「個人的には品川駅にも」「早く名古屋駅に設置されますように」「JRの主要駅全部に設置して欲しい(強欲)」と拡充を求めるコメントが相次ぎました。

今後、増設の予定はあるのでしょうか。東海道新幹線で車内販売を担当しているジェイアール東海パッセンジャーズ(東京都中央区)に尋ねると、「今後の導入や他駅への拡大は現時点では未定ですが、今後のお客様のご利用により検討いたします」とのこと。皆さん、東京駅をご利用の際はお土産用にガンガン購入して、同社に自販機拡大をリクエストしましょう。

(まいどなニュース・竹内 章)

2022/7/15
 

天気(8月16日)

  • 33℃
  • 29℃
  • 30%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

  • 35℃
  • 29℃
  • 30%

  • 35℃
  • 28℃
  • 30%

お知らせ