連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
初めは楽しめていたはずの趣味がいつの間にかストレスの種に…(イメージ画像)
拡大
初めは楽しめていたはずの趣味がいつの間にかストレスの種に…(イメージ画像)

趣味とは仕事や家事におわれる日常生活に潤いをもたらすもの。しかし、今SNS上ではそんな趣味が逆にストレスをもたらすことがあるという意見が大きな注目を集めている。

「お医者さんから『趣味に対し義務感を持ち始めると、想像以上のストレスが心に掛かるので危険』と教わりました。メンタル病んで本当にヤバいのは、回復方法を封じられること。おいしいもの食べたり。ぐっすり寝たり。好きなことが出来なくなる。これ割と無自覚に陥りやすい状態だから、気をつけてほしい」

と投稿したのはまいけるさん(@ma_ikeru68)。

たしかに始めたころは純粋に楽しめていた趣味でも、続けるうちに人間関係のもつれや状況の変化によって苦痛を生んでしまうのはよくあること。そして、そうなってしまうと日々積み重なるストレスを解消する手段がなくなってしまうわけだ。まいけるさんの投稿に対し、Twitterユーザー達からは

「はじめましてそれ私です。次々発売されるグッズは買わなくちゃない文句は言っちゃいけない創作してる人を褒めなくちゃない何かウケる事言わなくちゃない。海外書籍だったんですがグッズも本も1万当たり前。でも読了しても感動出来ずおかしいのかと思ってました。思えば義務になってたからなんですね。」
「そのとおりです 私は、趣味を仕事にして義務感が生まれて無理した結果、体壊しましたね その後3ヶ月は趣味をする気にもならなかった」
「家族の金銭的な問題で『今までやってた趣味を全部やめるとストレスがたまるから、1ジャンルにつき一つ』作戦で行ってたのですが、推しのアーティストに『義務感』が出てしまい、尚且つ職場のラジオで推しの曲が流れるたびに表情を見てくる人がトドメとなり、『推し、消ゆ』になりました…」

など数々の共感のコメントが寄せられている。

まいけるさんにお話をうかがってみた。

ーー医師からこの話を聞いた時のご感想をあらためてお聞かせください。

まいける:「以前まで楽しめていたはずの趣味が、楽しめなくなった」という相談をした時のことでした。いつの間にか義務感が生まれて楽しくなくなり、やめてしまいました。何でも義務感が生まれると、ストレスでやりたかったことも出来なくなるんだなぁと身に染みて感じました。

一時期、色々なことに手を出していたのですが、周りから求める声をもらうと「みんなが待ってるから、やらなきゃ」という気持ちが湧いてきて「初めはこんな気持ちじゃなかったのになぁ…」と苦しくなることが多かったです。リプライや引用ツイートにもありましたが、「ゲームでもログインボーナスを得るためにログインしなきゃ!」「みんなが求める絵を描かなきゃ!」となり、やめてしまった経験のある人が多かったですね。

ーーこれまでのSNSの反響へのご感想をお聞かせください。

まいける:Twitterを始めて9ヶ月経って、メディアに取り上げていただいたり、出版の依頼が来たり。はじめた当初は考えもしませんでした。ここに義務感が生まれてストレスを感じると、私はすぐにやめてしまうタイプなので、ボチボチと続けていこうと思います。

   ◇   ◇

投稿で紹介された医師はマイケルさんに「規則性を作ってしまうとそれが義務感になるので、どうしてもストレスを発散したい時は普段やらない趣味を不規則にするのがいい。心の拠り所は一つにせず分散させて」と話していたという。読者のみなさんも思い当たりがあればぜひ参考にしていただきたい。

(まいどなニュース特約・中将 タカノリ)

2022/7/16
 

天気(8月16日)

  • 33℃
  • 29℃
  • 30%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

  • 35℃
  • 29℃
  • 30%

  • 35℃
  • 28℃
  • 30%

お知らせ