連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

話題

  • 印刷
親子亀ならぬ親子猫=なのぴこ@ちぇるしい(@ChelseaNanonano)さん提供
拡大
親子亀ならぬ親子猫=なのぴこ@ちぇるしい(@ChelseaNanonano)さん提供

Twitterに投稿されたまるで親子亀のような2匹の猫の画像が話題になっています。脳内で「♪親亀の背中に子亀を乗せて~」とフレーズが再生されそうな、大きな猫の上に子猫がしがみつくように乗っている画像です。なんだか微笑ましい姿に「二人羽織ならぬ2ニャン羽織…」「親亀子亀みたい~!可愛い」「猫のリュックが猫?」といったコメントが寄せられました。

大きな猫はなのくん(1歳2ヶ月、オス)、子猫はぴこたくん(生後3ヶ月、オス)です。飼い主のなのぴこ@ちぇるしいさん(@ChelseaNanonano)に2匹の話を聞きました。

ーー2匹は1歳違いなのですね。

「そうです。1歳違いです。2匹とも保護猫で、同じ保護主さんから譲り受けました」

ーーなぜぴこたくんを迎えたのですか。

「もう1匹欲しいという話をなのの時に橋渡をしてくれた友人に言っていました。その人からぴこたの話を聞いたのがちょうどなのの誕生日だったので、もうこれは運命だなと勝手に思い、迎え入れることを決めました」

ーーなのくんとぴこくんの相性は心配ではなかったですか。

「相性はとても心配でした。なのはとても優しいのですが、すごくビビリなので突然知らない子猫が来たらストレスになってしまうのではないかと。そこが1番気がかりでした」

ーー迎えた当初はどうでしたか。

「最初はお互いにシャー!フー!と威嚇しあっていました。私はそれまでなののシャーを聞いたことがなかったのでとてもショックで、『あぁ、やっぱりよせばよかったかな』と弱気になったのを覚えています。ですが、3、4日するとお互い威嚇がだんだん減ってきて、6日目になのがぴこたを舐めてあげているのを見つけました。慌てて動画に撮ったのですが、嬉しすぎてツイッターで叫んでしまいましたw」

ーーそれは良かったですね。

「多頭飼いしているフォロワーさんにいろいろアドバイスをいただいたりしていたのですが、その時一緒になって喜んで下さって、それも嬉しかったです」

ーーぴこたくんは甘えて背中に乗っているのでしょうか。

「そうですね、甘えて遊んで欲しくて飛びかかった結果、この時は上手く真上に乗れたのだと思います。以前にも両手両足広げて飛びかかることが何度かありました」

ーーなのくんは上に乗られても怒らないのですか?

「しばらくはじっとしていたのですが、ぴこたが調子に乗ってなのの首周りを“あむあむ”し始めたら、烈火の如く怒り出しました。なのは温厚でぴこたが来るまではほとんど怒ったことがなかったのですが、ぴこたはすぐやりすぎるので、なのがたまに怒ります」

ーー多頭飼いして良かったと思いますか。

「なのが楽しそうなので、良かったと思います。元気があり余っているぴこたと追いかけっこや取っ組み合いができるようになって、生き生きしているように見えます。運動量も劇的に増えて、健康にもいいのかなと。あと、なのはかなりのツンデレなのですが、ぴこたは甘えん坊。どちらの良さも味わえるようになりました」

ーー大変なことは?

「2匹が取っ組み合いをした時に、ぴこたがなのの毛を噛んだりむしったりするので、なのの抜け毛が凄くて掃除が行き届かないことくらいです」

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)

2022/7/20
 

天気(8月11日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 37℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ