連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

消えない借金

  • 印刷
震災直後、食料品店主の男性が焼け跡で商売を再開したころに撮った写真=神戸市東灘区(撮影・中西大二)
拡大

震災直後、食料品店主の男性が焼け跡で商売を再開したころに撮った写真=神戸市東灘区(撮影・中西大二)

震災直後、食料品店主の男性が焼け跡で商売を再開したころに撮った写真=神戸市東灘区(撮影・中西大二)

震災直後、食料品店主の男性が焼け跡で商売を再開したころに撮った写真=神戸市東灘区(撮影・中西大二)

 5年ほど前、神戸市長田区で1軒の中華料理店が看板を下ろした。

 この地で25年、鈴木誠(52)=仮名=は店の主として、鍋を振るっていた。妻が接客し、昼どきにはサラリーマンで席が埋まった。

 しかし、阪神・淡路大震災で、店舗兼住宅は全壊。バブル期に約5千万円で買ったローンが残っていた上、改築のためのローンも組んだ。神戸市の災害援護資金からも200万円を借りた。

 再び店を開いたものの、大型チェーン店の進出や事業所の移転などで、客の入りは厳しくなった。誠は借金を返すため週1日、コンビニエンスストアで深夜のアルバイトを始めた。妻も店に出ながらスーパーで働いた。

 店の売り上げは一向に戻らず、誠の深夜アルバイトは週2日、3日と増えた。その方がてっとり早く現金を手にできたからだ。生活は逆転し、とうとう店を閉めた。その際に借金を整理し、災害援護資金は完済できた。

 現在も、誠は毎日深夜バイトを続け、妻は介護施設で働いている。

 「うちらはどうにかやっている。もっと大変な人もいるから」

 言葉少なに語る誠。市への借金は返せた。だが、若いころから修業を積み、店まで構えた料理人としての人生は絶たれた。

    □

 多額の未返済が問題となる災害援護資金だが、震災から20年近くがたち、借り入れた人の約8割は完済している。

 神戸市東灘区で食料品店を営む佐藤清(79)=同=も返し終えた一人だ。

 周辺は商店街だったが、震災で一帯が焼けた。救助に走り回っている間に自宅兼店舗も焼け、何も取り出せなかった。避難所生活をしながら、2カ月後、段ボールに商品を並べて商売を再開。約2年後、貯蓄と災害援護資金で店舗兼住宅を再建した。月々5万円以上の返済は苦労したが、震災から10年後、期限通りに完済できた。

 清の妻幸子(78)=同=は、未返済の問題に納得できない表情を見せた。「私たちは『何くそ』と必死でやってきた。返さん得になるのか」

 一方、清は、並びにあった和菓子店を思い浮かべた。「昔通りの仕事ができればいいけど、そんな状況ではない。返せない人もいると思う」

 和菓子店はいったん再建したが3~4年後、店を閉めた。男性店主は災害援護資金のほかにも借金があったという。店主は自己破産し、その後亡くなった。息子は自殺した、と聞いている。

 「うちはおかげさんで返すことができた。それだけで満足しないといけない」

 清は店舗前の通りに目をやった。周辺で震災前から営業を続ける店は2、3軒しか残っていない。

=敬称略=

(高田康夫)

2014/12/26

天気(1月28日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ