連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

あの日からの詩

あの日からの詩

 多くの人が言葉を失った「あの日」から20年。本紙読者投稿欄「神戸新聞文芸」には阪神・淡路大震災に向き合った詩がたゆみなく寄せられている。投稿詩人たちはいかにして痛ましい記憶を書き継いできたのか。詩壇選者の安水稔和(やすみずとしかず)さんと共に入選作を再読し、印象深い8編の作者を訪ねた。

天気(12月1日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ