正平調

時計2020/06/18

  • 印刷

まるでなぞなぞを出された気分である。サステナブルリカバリー、ソーシャルファーム、ダイナミックプライシング、そしてフルインクルーシブ◆東京都知事選が始まる。何人かの立候補予定者の公約を読み、ウーンとうなってしまう。恥ずかしながら、よく知らない片仮名が目につく。字数があふれてしまうので、それぞれの意味を書くのはお許しを◆新型コロナウイルス問題で耳慣れない専門用語が加わって、日本社会が片仮名文化に染まったような感がある。これは以前にも小欄で書いた。その流れがますます強まっている。何の意味だったかと考えてしまう政策や公約が、みんなの胸に届くかな◆そういえば、ある閣僚がコロナ禍でこんな発言をした。「日本語で言えることを片仮名で言う必要はあるのか」。まっとうな意見で、菅官房長官は日本語への読み替えも含め「可能な限り、分かりやすく丁寧な説明に努めたい」と話していたのだが、さて◆つい先日、住んでいる市の広報紙を読んでいたら、感染症予防のページにソーシャルディスタンスというはやりの用語がない。「思いやりの距離」とある。「人との間隔は1~2メートルあけよう」と。年配の方向けのちょっとした気配りだろうが、いいね◆大切なことは、やさしく。2020・6・18

正平調の最新
もっと見る

天気(8月9日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ