正平調

時計2020/07/16

  • 印刷

当時の新聞広告である。読んでオッと思わせる。「新しく開通(でき)た神戸ゆき急行電車(神戸終點(しゅうてん)に於(おい)て市電に連絡便利)綺麗(きれい)で早うて。ガラアキで眺めの素敵(すてき)によい涼しい電車」とある◆車体は美しく、なにより早い。六甲の裾野を走るから眺めもいいと告げ、わざわざ「ガラアキ」を加えている。1920年、阪急神戸線が完成したときの広告だ。今日がその開通日である。100歳になった◆今も語り草になる型破りな文言は、阪急グループの創始者小林一三の発案だそうだ。海側を走る阪神電鉄への対抗心をうかがわせるが、強いて「ガラアキ」と言ってのけるところが、常識にとらわれない人らしい◆少し前には、大阪に挑むパンフレットも出している。「美しき水の都は夢と消えて、空暗き煙の都に住む不幸なる我(わ)が大阪市民諸君よ!」。大都市から離れ郊外に住もうという呼び掛けだが、なんと挑発的な◆「乗客は電車が創造する」という言葉も残る。線路を引けば、人々の営みが始まり、やがて乗客になってくれるという意味だ。神戸線沿線にも新しい街ができ、文化も生まれた。戦争や災害に遭いながら、この100年間に鉄路が創造してきたものは多い◆成長から成熟へ。新しい100年、かの総帥ならどんな広告文を。2020・7・16

正平調の最新
もっと見る

天気(8月14日)

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ