正平調

時計2021/05/20

  • 印刷

水俣病が公式に確認されて65年になる。この公害を広く世に知らせた石牟礼道子さんの「苦海(くがい)浄(じょう)土(ど)」で、赤い線を引いたくだりを読み返した。初めて読んだとき、思わず引いた線だ◆「銭は一銭もいらん。そのかわり、会社のえらか衆の、上から順々に、水銀母液ば飲んでもらおう」。「会社」とはチッソのことである。「母液」とはドラム缶に詰まった水銀の廃液である。患者の怨念が伝わる◆「飲んでもらおう」でなく「吸い込んでもらおう」と言いたかった人もいるだろう。建設現場でアスベスト(石綿)による健康被害を受けたみなさんだ。亡くなる前、息苦しくて「肺をえぐり出して見せてやりたい」と訴えた男性の話が紙面にあった◆この男性のように現場で働いた人や遺族らの建設石綿訴訟で、最高裁は国の賠償責任を認めた。判決を受け、政府と原告団が和解について基本合意した。やっと、である。原告の表情を見て、こちらもホッとする◆いやいや、不気味な石綿におびえるのは、これからかもしれない。石綿を使った民間の建物が古くなり、解体されるピークが数年後という。現場で汗を流す人が吸い込んだりしないよう、健康を守ってほしい◆そう願い、「肺をえぐり出して…」という怒りの声に赤い線を引く。2021・5・20

正平調の最新
もっと見る
 

天気(7月30日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 10%

  • 33℃
  • 23℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ