正平調

時計2021/08/25

  • 印刷

ロッキード事件の解明に積極的であったことから「はしゃぎすぎだ」などとして自民党内の反発と政争を招き、当時の三木武夫首相が退陣を迫られた。いわゆる「三木降ろし」である◆粘りに粘って「降ろし」の風圧にあらがったものの衆院選で大敗し、ついに総理を辞した。「信なくば立たず」を座右の銘とした三木さんには次の寸言も伝わる。「私は何も恐れない。ただ大衆のみを恐れる」◆なるほど、大衆とは怖いものだと思う。発足時は驚くほど支持率が高かった菅内閣の人気はいまや見る影もない。このほど首相のお膝元であった横浜市長選では、肩入れをした側近が敗れた。衝撃の大敗である◆世論なんて当てにならぬ、きっかけさえあればまた支持率も上がろうよ。などと思っていたかどうかは知らないが、政権に向けられた厳しいまなざしを甘く見ていたのは事実だろう。負けに不思議の負けはない◆自民党の総裁選が迫っている。秋には衆院選もある。不人気な大将のもとではおのが選挙も危うしと、「菅降ろし」のささやきが漏れ始める。いや待て、こんな非常時に身内でもめている場合か、との声もある◆どっちでもいい。それよりまず、すべきことがあろう。どうにかして、という大衆の声はまだ届きませんか。2021・8・25

正平調の最新
もっと見る
 

天気(10月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

  • 23℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ