正平調

時計2021/09/18

  • 印刷

父はシベリアに抑留され、残された母子5人で日本を目指した。旧満州(中国東北部)に生まれた漫画家、赤塚不二夫さんの引き揚げ体験である。終戦の翌年、赤塚さんは10歳だった◆「しっかりつかまるんだよ、離しちゃダメだよ!」。群衆でごった返す奉天駅で母は絶叫したそうだ。互いにつかんだ服の裾が“命綱”であり、うっかり手を離せば自分は帰ってこられなかったと、自伝にある◆苦労の末に帰国を果たしたものの、程なくしてまだ幼い妹を亡くした。「かあちゃんは泣かなかった」という。満州帰りを理由にいじめられ、悔しい思いもした。こうした体験は、赤塚さんばかりではあるまい◆満州をわがものとしたい軍部の策謀に端を発した満州事変は90年前の9月18日に始まった。多くの日本人が国策移民として海を渡ったが、敗戦後は過酷な運命にさらされる。祖国に戻れなかった人は数知れない◆家族を離ればなれにし、悲惨な目に遭わせる戦争だけはもう二度と起こしてはならないと、赤塚さんは願った。その思いに接し、改めて「天才バカボン」を読むとき、作品の印象はこれまでとはがらりと異なる◆パパがいて、ママがいて、かわいい弟がいて。あのハチャメチャな家族の、なんと平和で幸せなことだろう。2021・9・18

正平調の最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 60%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ