連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

  • 印刷
運河に残る社名入りの看板。民間企業の埋め立て、分譲事業としては異例の規模だった=尼崎市末広町1(撮影・田中靖浩)

運河に残る社名入りの看板。民間企業の埋め立て、分譲事業としては異例の規模だった=尼崎市末広町1(撮影・田中靖浩)

 10月初旬の日曜、縦横無尽に運河の走る尼崎市臨海部の一角が、大勢の家族連れなどでにぎわった。運河に生息する天然ウナギの写生や立ち乗りの手こぎボードの体験に、子どもらが歓声を上げる。

 「これが新たな運河の役割」とイベントを企画した主催団体の代表、中西敬(58)。近くにはかつてパナソニックの工場だった巨大な建物がたたずむ。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

2016/10/23
 

天気(1月19日)

  • 7℃
  • 1℃
  • 20%

  • 3℃
  • 0℃
  • 70%

  • 7℃
  • 2℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 20%

お知らせ