淡路

  • 印刷
映画の定期上映に向けたプロジェクトの発足が発表された関係者向け試写会=洲本市本町5
拡大
映画の定期上映に向けたプロジェクトの発足が発表された関係者向け試写会=洲本市本町5

 全編淡路島ロケの映画「なんのちゃんの第二次世界大戦」が、来月9日から兵庫県の淡路島内唯一の映画館「洲本オリオン」で公開されるのを機に、同作に出演した地元住民が中心となり「シネマキャロットプロジェクト」を発足させた。20日に同館であった関係者向け試写会で、監督の河合健さん(31)らが発表した。プロジェクトでは、同作の上映終了後も、別の新作邦画の定期上映を続け、島の映画文化を盛り上げていく。(西竹唯太朗)

 オリオンは戦前開業の人形浄瑠璃小屋が前身で、1951年から映画館として本格的に開館。だが、客の減少から2013年を最後に、1カ月以上の長期上映はしておらず、近年はイベントスペースなどとして利用されることが主だった。

 19年に河合さんが、なんのちゃん-を製作することを決め、約7年ぶりに長期間の上映をすることとなったオリオン。映画の製作過程の中で、島内でも多様な映画を見られる場所を-と、プロジェクト発足の機運が高まったという。

 プロジェクトでは、月に1本のペースで新進の若手監督らが手掛けた邦画を上映予定。監督を招いた作品解説なども検討しているという。代表を務める農家の大田志穂さん(39)=同県南あわじ市=は、「都会にあって島にない、気軽に映画を見に行く文化を作っていけたら」。河合さんは「地方の映画館が生き残っているのは、作品でなく映画館自体にファンがいるから。プロジェクトを通して、オリオンもそうなってくれれば」と話していた。

淡路
淡路の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 11℃
  • 8℃
  • 70%

  • 8℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 11℃
  • 8℃
  • 80%

お知らせ