淡路

  • 印刷
児童らと記念撮影する村上頌樹投手=南あわじ市賀集
拡大
児童らと記念撮影する村上頌樹投手=南あわじ市賀集

 プロ野球ドラフト会議で、阪神タイガースから5位指名された兵庫県南あわじ市賀集地区出身の東洋大4年、村上頌樹(しょうき)投手(22)の激励会が27日、同地区のグラウンドで開かれた。地元の人や少年野球チームに所属する児童ら約400人が「賀集のスター」を一目見ようと集まった。村上投手が真新しい縦じまのユニホーム姿で登場すると、歓声と拍手が湧き、来季の活躍に期待を寄せていた。(西竹唯太朗)

 ドラフト指名時や正式入団が決まった際に、横断幕を製作するなど応援を続けてきた住民たち。激励会は、村上投手が年末年始に帰省するタイミングで、熱い声援をじかに届けようと企画した。

 村上投手が背番号「41」のユニホーム姿で登場すると、花火が打ち上げられた。村上投手が野球を始めた賀集少年野球クラブの久米守監督が、出会った当時を振り返り「小学校に入る前だったのに、キャッチボールに非凡なものを感じた」とあいさつ。村上投手は「リーグ優勝、日本一になれるよう、チームに貢献したい」と意気込んだ。

 同クラブに所属する賀集小5年の男児(11)は「同じチームからプロ選手が出たのはすごく励みになる。自分も村上先輩に追い付けるように頑張りたい」と笑顔だった。

 28日には、村上投手が南あわじ市役所を表敬訪問。守本憲弘市長は「阪神で活躍してもらい、ゆくゆくは地元の学校で講演や技術指導もしてもらいたい」と話していた。

淡路
淡路の最新
もっと見る

天気(1月24日)

  • 11℃
  • 8℃
  • 70%

  • 8℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 11℃
  • 8℃
  • 80%

お知らせ