淡路

  • 印刷
「淡路島サクラマス」の選別作業。個体の大きさを見極め、1匹ずつすくって別のいかだに移し替える=南あわじ市福良
拡大
「淡路島サクラマス」の選別作業。個体の大きさを見極め、1匹ずつすくって別のいかだに移し替える=南あわじ市福良
養殖開始から2カ月たったサクラマス。個体によって倍以上の差が出る=南あわじ市福良
拡大
養殖開始から2カ月たったサクラマス。個体によって倍以上の差が出る=南あわじ市福良

 3月1日に解禁される兵庫県淡路島の春の味覚「淡路島サクラマス」。養殖されている同県南あわじ市の福良湾で、水産業者が個体の選別作業に追われている。稚魚は同じ時期に仕入れて同じ餌で育てるが、個体によって大きさに差が出るため、小さな魚は餌を食べられずに死ぬケースがあるという。大きさごとに別々の養殖いかだに移すことで、小さな個体も大きく成長させることができる。(西竹唯太朗)

 福良湾での養殖は、春季の特産品をつくろうと、2015年に始まった。毎年、仕入れた稚魚を12月初旬ごろから育て始める。当初は全て同じいけすで育てたため、小さな個体など半数が死滅。その経験を生かして養殖開始から約2カ月後に選別作業に取り組むようになったという。

 同市福良甲の若男水産では2月上旬、湾内に浮かぶいかだの上で、漁師らがタモを手に、1匹ずつ別のいかだに移す作業に励んでいた。同水産が仕入れた約1万匹の稚魚は、大きい個体で体長約40センチ重さ約1キロまで成長。一方で、体長20センチ重さ約300グラムと仕入れ時から成長していない個体もいるという。

 出荷の基準は重さ1キロ超。解禁後は成長の早い個体を先に出荷し、小さな個体はじっくりと育成させるという。福良漁協組合長で同水産社長の前田若男さん(51)は「病気もなく、気候もいいので今年もいいサクラマスが出荷できそう。解禁前に少しでもコロナが収まってくれれば」と話していた。

淡路
淡路の最新
もっと見る

天気(4月18日)

  • 16℃
  • 10℃
  • 40%

  • 14℃
  • 7℃
  • 60%

  • 16℃
  • 11℃
  • 40%

  • 16℃
  • 10℃
  • 40%

お知らせ