淡路

  • 印刷
食や芸術を通じた地域交流拠点として生まれ変わる旧尾崎小学校=淡路市尾崎
拡大
食や芸術を通じた地域交流拠点として生まれ変わる旧尾崎小学校=淡路市尾崎

 2014年3月に閉校した旧淡路市立尾崎小学校(兵庫県淡路市尾崎)が、食や芸術を通じた地域交流拠点として生まれ変わる。同市が校舎を利活用する事業者を公募し、飲食店運営の「バルニバービ」(大阪市)を選定。同社の佐藤裕久社長(59)は「レストランやアトリエなどを核に、さまざまなイベントを仕掛けていきたい」と話し、23年夏の開業に向けて改修を進める。(内田世紀)

 同校は1873年創立。現存の校舎は1994年に完成したが、児童数減少のため、郡家、山田の両小学校とともに、現在の一宮小学校(淡路市北山)に統合された。

 地元町内会などは2015年、近くの旧尾崎公民館と合わせて、企業誘致による有効活用を市に要望。市は20年にプロポーザル方式による公募を行い、今月、住民らでつくる審議会が同社を最優秀事業者として市に答申した。市会での審議を経て正式決定する。

 旧尾崎小の校舎は鉄筋コンクリート造り3階建て、延べ床面積約2130平方メートル。同社は土地や公民館を含め、市から総額3950万円で購入する。校舎1階では、カフェレストランや料理教室を運営。2階は、働きながら休暇を楽しむワーケーションにも利用できる「コワーキングスペース」とする。3階はアートを意識した空間を演出。創作や展示スペース、ホールなどに改修する。

 住民の要望で、近くの「尾崎ガーデンズ」(旧尾崎保育所)との連携や、避難所機能を持たせることなどが公募条件とされたため、地域に開放するフリースペースや災害備蓄品の保管場所も設ける。公民館は同社のオフィスとして活用するという。

 バルニバービは19年、同市郡家にイタリア料理店「GARB COSTA ORANGE」(ガーブ・コスタ・オレンジ)を出店。20年には近くで「KAMOME SLOW HOTEL」(カモメ・スロー・ホテル)を開業している。今後も同市一宮地域などでの再開発を進めるという。

 佐藤社長は神戸新聞社の取材に「住みたくなるまちを目指し、活性化に貢献したい。住民との交流を楽しみにしている」と話した。

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(7月31日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 24℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ