淡路

  • 印刷
笑顔で接客する「おもてなしの心コンテスト」の参加者(中央)=洲本市小路谷
拡大
笑顔で接客する「おもてなしの心コンテスト」の参加者(中央)=洲本市小路谷
島の野菜をテーマに、華やかな作品が披露された「創作料理コンテスト」=南あわじ市広田広田
拡大
島の野菜をテーマに、華やかな作品が披露された「創作料理コンテスト」=南あわじ市広田広田

 観光客らへの接客技術を競う「おもてなしの心コンテスト」と、淡路島の食材を使った「創作料理コンテスト」が2日、兵庫県洲本市のホテルニューアワジと、同県南あわじ市の広田地区公民館で開かれた。島内観光・宿泊施設などの従業員や料理人ら64人が、マスク姿で参加。新型コロナウイルスの影響で打撃を受ける観光業界だが、参加者は前を見据え、笑顔で本番に臨んだ。(上田勇紀)

 淡路島観光協会(洲本市)が主催し、いずれも19回目を迎えた。

 おもてなしの心コンテストのテーマは「わくわく」。訪れた人に「わくわくしてもらえるような接客」を目指し、18施設の56人が筆記と実技試験に向かった。実技は働く職種ごとに、客室係(仲居)や電話予約など5部門に分かれる。

 飲食サービス部門では、観光客役に「今度、淡路島に車なしで来るなら、どう回ったらいいか」「おすすめの島の飲み物は」と尋ねられ、参加者はタクシーやバスを案内したり、地ビールを紹介したりしていた。物販部門では、一押しの土産物や観光地を聞かれ、その魅力を伝えていた。

 一方、創作料理コンテストのテーマは「シマベジ」。島の豊富な野菜にスポットを当て、1次審査を通過した8人が自作料理を仕上げた。タマネギやキャベツを使ったスープや、菜の花を盛り込んだスイーツなど料理人の感性が光る作品ばかりで、5人の審査員をうならせた。

 両コンテストの1位、最優秀賞は次の通り。(敬称略)

 【おもてなし】物販 森星羅(淡路ハイウェイオアシス)▽飲食サービス 植田愛理加(渚の荘 花季)▽客室係 楠橋彩奈(淡路夢泉景)▽電話予約 平井晴菜(海月館)▽宿泊 谷美咲(ホテルニューアワジ プラザ淡路島)

 【創作料理】古田光典(道の駅うずしお、作品名=淡野菜の虹寿司)

淡路
淡路の最新
もっと見る

天気(4月17日)

  • 17℃
  • 15℃
  • 80%

  • 18℃
  • 14℃
  • 80%

  • 17℃
  • 15℃
  • 90%

  • 17℃
  • 14℃
  • 90%

お知らせ