淡路

  • 印刷
啓発動画の一場面。心の鬼を一刀両断
拡大
啓発動画の一場面。心の鬼を一刀両断
動画を制作した山根典靖署長と人形座員=南あわじ署
拡大
動画を制作した山根典靖署長と人形座員=南あわじ署

 その刃で、悪質運転を促す心の鬼を断ち切れ-。淡路人形浄瑠璃のプロ団体「淡路人形座」と兵庫県警南あわじ署などが協力し、飲酒運転やあおり運転などの交通違反を防ぐための啓発動画を制作した。「少しぐらいなら」というドライバーの心の葛藤を、鬼と剣士の人形を使った浄瑠璃で表現。関係者は「老若男女に分かりやすい動画にできた」と胸を張る。

 6日から始まる春の全国交通安全運動に合わせ、同署が動画作成を企画。新型コロナウイルス禍で啓発イベントが開催できない中、国指定重要無形民俗文化財の伝統芸の力を借りてPRしようと、同座に依頼した。

 動画は、飲酒運転、あおり運転、横断歩道前での一時停止をテーマにした全3編で計約8分。いずれも署員がふんするドライバーが、「前の車が遅いから」「代行運転を待っていられない」などと、悪質運転をしたくなった場面から始まる。その後、映像は浄瑠璃に切り替わり、違反をそそのかす鬼と「一生取り返しがつかないぞ」などと呼び掛ける剣士が問答。最後は「全力集中 交通安全剣」で、心の鬼を切り伏せ、違反は防がれた-との内容になっている。

 同署によると、昨年の南あわじ市内での死亡事故は統計史上初のゼロ件。コロナ禍で交通量自体が少なかった影響とみられるが、今月に入ってからは観光客も増加傾向で注意が必要といい、山根典靖署長は「事故は偶然が重なって起きる。動画で戒めを焼き付けられたら」と話す。6日ごろから動画サイト「ユーチューブ」などで公開。(西竹唯太朗)

淡路
淡路の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 29℃
  • 19℃
  • 30%

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ