淡路

  • 印刷
タマネギ2分の1個をイメージしたキッチンカー=南あわじ市福良丙
拡大
タマネギ2分の1個をイメージしたキッチンカー=南あわじ市福良丙
タマネギ形がよく分かるキッチンカーの裏側で、商品のかき氷を持つ従業員=南あわじ市福良丙
拡大
タマネギ形がよく分かるキッチンカーの裏側で、商品のかき氷を持つ従業員=南あわじ市福良丙

 「淡路島オニオンキッチンカー」と名付けた調理車両が、兵庫県南あわじ市福良丙の観光施設・大鳴門橋記念館にお目見えした。軽トラック2台にそれぞれ、タマネギを半分に切った形の営業設備が載っている。2台が横に並ぶと、1個のタマネギオブジェになる趣向だ。淡路島産のフルーツを使ったドリンクやかき氷などを販売。観光客らが求める「インスタ映え」も狙う。(西竹唯太朗)

 同館の運営事業者「うずのくに南あわじ」が、島の産品の良さを観光客に知ってもらおうと企画した。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、屋外での飲食需要の高まりにも対応する。

 コロナ禍で、昨年の入館者数は大幅に減った同館。休業を余儀なくされた間、従業員らが島内の農家を巡り、ドリンクなどの材料となる果物の調達に努めた。

 タマネギオブジェは高さ約3メートル、幅約2メートル。1台でかき氷などを作り、もう1台で販売する。メニューは、ドリンクとかき氷を10種類以上そろえる。レモンやイチゴ、ブルーベリーなど島特産の果物を使った上品な甘さを売り込む。

 鳴門海峡を望む同館のロケーションに映えるよう、カップなどの見た目にもこだわった。10月ごろまで販売を続け、冬季はオニオンスープの提供などを考えているという。

 島内のイベントに合わせ、移動しながら販売することも想定。同館の宮地勇次取締役(36)は「農家さんそれぞれの個性も伝わるような商品を心掛けた。キッチンカーの見た目をSNSでも発信したい」と話している。

淡路
淡路の最新
もっと見る

天気(6月25日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 29℃
  • 19℃
  • 30%

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 29℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ