淡路

  • 印刷
勢いよく湯しぶきを散らす巫女=伊弉諾神宮
拡大
勢いよく湯しぶきを散らす巫女=伊弉諾神宮
勢いよく湯しぶきを散らす巫女=伊弉諾神宮
拡大
勢いよく湯しぶきを散らす巫女=伊弉諾神宮

 兵庫県淡路市多賀の伊弉諾神宮で立夏の5日、「湯立(ゆたて)神楽祭」があった。境内で釜に入った湯を巫女(みこ)がササの葉で勢いよく振りまく神事。雨の中で見守った参拝客らは、湯しぶきを浴びて身を清め、無病息災や家内安全を願った。

 熱い湯に手を入れて正邪を判定する古代の占い「探湯(くがたち)」が起源。同神宮では、季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の年4回執り行っている。

 神社めぐりが好きで兵庫県多可町から訪れた自営業の男性(62)は、「コロナの収束にはまだ時間がかかる。こんな時だからこそ、家族が健康でいられるように祈った」と話していた。(中村有沙)

淡路
淡路の最新
もっと見る

天気(6月13日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ