淡路

  • 印刷
オブジェが目を引く外観
拡大
オブジェが目を引く外観
バウムクーヘンを模した陳列台がある「淡路島ばぁむ工房 maaru factory」の店内。左奥は工場=南あわじ市広田広田
拡大
バウムクーヘンを模した陳列台がある「淡路島ばぁむ工房 maaru factory」の店内。左奥は工場=南あわじ市広田広田

 兵庫県の淡路島の材料を使ったバウムクーヘン「淡路島ばぁむ」を出す兵庫県洲本市海岸通1の「cafe maaru(かふぇ まある)」がこのほど、同県南あわじ市広田広田に新店舗兼工場「淡路島ばぁむ工房 maaru factory(まある ファクトリー)」を開業した。(中村有沙)

 「かふぇ まある」は2017年にオープン。約20種類の味とカラフルな見た目のバウムクーヘンが人気を集める。島内産の卵や牛乳、県内産の小麦粉を使っている。店内で提供するほか、島内の観光施設にも卸す。販売個数が徐々に増え、店の調理場では手狭になっていた。

 新店は、洲本インターチェンジ(IC)から車で約5分と観光客が立ち寄りやすい場所にした。新たな製造機器を導入し、生産能力を従来の約6倍に引き上げた。チョコレートや抹茶などの定番、マンゴーなどの季節商品など全種類を販売する。

 運営会社社長の三宅英樹さん(49)は、「たくさん作れるようになったので、神戸や大阪の百貨店の催事などにも出店し、お土産としての認知を高めたい」と話す。

 さらに、島内にある他のカフェや洋菓子店のワッフル、ドーナツなども仕入れて販売する。すでに7店の商品を扱い、目標は20店。「島内のカフェを回りきれないという観光客の要望に応え、淡路島スイーツの発信拠点を目指す」という。

 新店は午前10時~午後6時。無休。TEL0799・20・9020

淡路
淡路の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ