淡路

  • 印刷
新たな岩屋ポートビルの完成予想図(淡路市提供)
拡大
新たな岩屋ポートビルの完成予想図(淡路市提供)
建て替えを計画する岩屋ポートビル=淡路市岩屋
拡大
建て替えを計画する岩屋ポートビル=淡路市岩屋

 兵庫県淡路市は、明石海峡の連絡船が発着する「岩屋ポートビル」の老朽化に伴い、新ビルの建設概要を固めた。市は「海峡航路と陸上交通の結節点として、コンパクトな設計で利便性を高め、淡路市の玄関口にふさわしい施設にしたい」とし、現在の3分の1程度の規模にする。2022年の利用開始を目指す。

 新ビルは現在のビルの西隣に新築する。鉄骨2階建て延べ約785平方メートルにし、現在の3階建て延べ約2640平方メートルから縮小。1階には船舶会社事務所と観光案内所、土産物店が入居を予定する。

 2階には3区画の店舗スペースを設ける。現在の8区画から減らす。明石海峡大橋を望む北側と、観月の名所・絵島を見渡す南側は、全面ガラス張りにする。飲食店などの入居を想定し、今後、公募する。市の担当者は「待合所から桟橋までの距離が近くなるなど、使いやすくなる」と話す。

 開会中の市会6月定例会に、工事請負契約締結に関する議案を提出している。可決されれば7月以降に着工し、22年1月の完成を目指す。引っ越し終了後に現ビルを解体し、跡地には新たに立体駐車場を建設する。(内田世紀)

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ