淡路

  • 印刷
改修が進む校舎を見て回る参加者=旧淡路高校一宮校
拡大
改修が進む校舎を見て回る参加者=旧淡路高校一宮校

 飲食や宿泊、キャンプ場などの複合施設へ改修が進む旧淡路高校一宮校(兵庫県淡路市郡家)で21日、地元住民ら向けの内覧会があり、行政関係者を含めて約100人が訪れた。

 同校の土地と建物は昨年6月、造園会社「須磨北造園土木」(神戸市須磨区)の席定京吾代表(44)が購入した。

 この日は、現地で席定さんが施設名を「Reベース369(みろく)」にすると発表。来年1月の開業を目指すとし、「大手企業のような力はないが、地域に愛される取り組みをしたい」とあいさつした。

 イベントスペースなどとして再生予定の体育館、校長室を改修したエントランス、教室を再利用する客室などを紹介。住民団体「くにうみ神話のまちづくり実行委員会」の柏木秀樹委員長(76)は「誰もが気軽に集える楽しい場所にしてほしい」と話していた。(内田世紀)

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(8月4日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ