淡路

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 第25回全国高校女子硬式野球選手権大会の3回戦が28日、兵庫県丹波市のつかさグループいちじま球場であった。同県洲本市の蒼開高校は名古屋市の至学館高校に4-2で快勝し、ベスト8進出を決めた。

 初回に失策で1点の先制を許したが、二回裏に反撃に転じた。1死二塁から藤本香蓮選手が右線に適時三塁打を放ち同点。その後1死二、三塁とし、木戸菜々美選手の内野ゴロの間に藤本選手が生還し逆転した。

 四回には無死満塁から木戸選手がスクイズを決め1点追加。七回にも木戸選手が左中間適時三塁打を放った。

 投げては先発松木彩花投手がコースを丁寧に突く投球で至学館打線を翻弄(ほんろう)。六回に適時打で1点を失ったが、2番手の藤本投手が後続を断った。守備陣も2併殺を奪うなど堅い守りが光った。

 甲子園球場(西宮市)である決勝まで、あと2勝。30日の準々決勝で神戸市の神戸弘陵学園と対戦する。(内田世紀)

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(9月17日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 70%

  • 28℃
  • 23℃
  • 70%

  • 28℃
  • 23℃
  • 60%

  • 26℃
  • 23℃
  • 60%

お知らせ