淡路

  • 印刷
浜辺の砂をふるいにかけごみを選別する児童ら=淡路市浦
拡大
浜辺の砂をふるいにかけごみを選別する児童ら=淡路市浦

 浜辺に流れ着くプラスチックごみをテーマにした講座が9日、兵庫県淡路市浦の市立サンシャインホールであった。小学生ら約20人が参加し、肉眼では見えにくいごみ「マイクロプラスチック」探しなどを通して、環境保全への理解を深めた。

 淡路景観園芸学校と東浦図書館の主催。子どもらが会場近くの浜辺に赴き、ごみを採取する予定だったが、台風9号の接近により、一部変更して実施された。

 マイクロプラスチックとは、漁具やレジ袋などのプラスチック製品が、波や紫外線の影響で直径5ミリ以下に細かく砕けたもの。一見きれいに見える砂浜にも大量にあり、魚が誤食することもあるという。

 この日、子どもらはスタッフが事前に準備した近くの浜辺の砂から、マイクロプラスチックを選別する作業に挑戦。編み目が約5ミリ四方のふるいにかけ、残った砂を水のたまったバケツに流し込み、浮いてきた小さなごみをピンセットで採取していた。また、プラスチックごみを活用したキーホルダー作りもあった。

 妹と参加した学習小6年の男子生徒(11)は「ここまで小さなごみを掃除するのは大変。ごみ自体を出さないようにする方法を考えたい」と話していた。(西竹唯太朗)

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(10月16日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 28℃
  • ---℃
  • 80%

  • 29℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ