淡路

  • 印刷
北海道開拓の歴史を伝える展示と、「益習の集い」のメンバー=南あわじ市湊
北海道開拓の歴史を伝える展示と、「益習の集い」のメンバー=南あわじ市湊

 明治から大正にかけて北海道に移り住み、開拓に励んだ淡路島出身者や子孫の足跡を紹介するパネル展が4日、兵庫県南あわじ市湊の商業施設「シーパ」で始まる。淡路島を任されていた徳島藩筆頭家老・稲田家の家臣が、「庚午(こうご)事変」をきっかけに北の大地に移って今年で150年を迎え、企画した市民グループは「苦労を乗り越えた先人の歩みを知ってほしい」と呼び掛ける。(上田勇紀)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(10月20日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ