淡路

  • 印刷
稲田家や家臣らの資料が並ぶ会場=淡路文化史料館
稲田家や家臣らの資料が並ぶ会場=淡路文化史料館

 明治期に洲本城下で起きた襲撃事件を機に、兵庫県の淡路島を治めていた稲田家の家臣らが北海道へ移住してから、今年で150年たった。先人の苦労や功績を紹介しようと、淡路文化史料館(洲本市山手1)が企画展「稲田家臣団の移住と開拓-庚午(こうご)事変とその後、淡路国から北海道へ」を開いている。回顧録や肖像画、陣羽織など26点を並べた。北海道新ひだか町教育委員会の協力で初めて取り寄せた5点も含まれる。11月7日まで。(吉田みなみ)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

淡路
淡路の最新
もっと見る
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 40%

  • 14℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ