淡路

  • 印刷
子どもらにボールの投げ方などを説明する元阪神タイガースの桧山進次郎さん(中央)=国営明石海峡公園
拡大
子どもらにボールの投げ方などを説明する元阪神タイガースの桧山進次郎さん(中央)=国営明石海峡公園

 キャッチボールでコミュニケーションを深めるイベント「TOKYO CATCH BALL CLUB2021 in淡路」が9日、兵庫県淡路市夢舞台の国営明石海峡公園で開かれ、島内外から親子連れら約900人が参加した。

 経済団体の一般社団法人志友会などでつくる実行委が主催し、淡路島では初開催。開会中の「淡路花博20周年記念 花みどりフェア」の一環として実施した。

 この日は、元プロ野球ヤクルトスワローズ選手、監督で同県川西市出身の古田敦也さん、阪神タイガースで活躍した桧山進次郎さんらがゲストとして訪れ、参加者とキャッチボールで交流した。

 古田さんとのキャッチボールを楽しんだ、神戸市立西須磨小2年で少年野球チーム「西須磨シーホークス」に所属する男児(8)は「元プロ選手にボールを投げられてうれしかった。自分も野球選手になりたい」と話していた。

 同イベントは10日も同公園で実施。参加無料。午前11時から。ゲストとして桧山さんと阪神タイガースなどで活躍した下柳剛さんらも参加する。(西竹唯太朗)

淡路スポーツ
淡路の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ