淡路

  • 印刷
衆院選、南あわじ市議選を前に設置作業が進むポスター掲示板=南あわじ市市善光寺
拡大
衆院選、南あわじ市議選を前に設置作業が進むポスター掲示板=南あわじ市市善光寺

 19日公示、31日投開票の衆院選に向け、兵庫県淡路島内で各市選管によるポスター掲示板の設置が進んでいる。設置箇所は島内3市で計715カ所。南あわじ市では24日告示、31日投開票の市議選もあり、巨大な掲示板の設置作業が慌ただしく始まった。

 島内3市を含む兵庫9区では、自民現職の西村康稔氏と、共産新人の福原由加利氏が立候補を予定しており、一騎打ちになるとみられる。

 西村氏は今月9、10日に島内入りし、新型コロナウイルス対策担当大臣を務めた苦労と実績を訴えた。17日に淡路市内を回り、公示の19日は、午後2時ごろから淡路市多賀の伊弉諾神宮で出陣式を予定している。

 福原氏は12日、南あわじ市内で街頭演説。経済政策優先の政治を批判し、小規模農業の支援や介護などの現場で働く「エッセンシャルワーカー」の処遇改善を訴えた。公示翌日の20日、島内入りを予定している。

 一方、同日投開票の南あわじ市議選(定数18)に、19陣営が立候補のための予備審査を済ませた。

 当初は17日告示、24日投開票だったが、衆院選に合わせて日程を1週間遅らせる。開票場のレイアウトや人員配置も、ダブル選用に変更する。

 両選挙に向け、南あわじ市選管は、11日から市内235カ所に掲示板の設置を開始した。衆院選は7人分、市議選は25人分の枠をつくり、横幅は計約6メートルに及ぶ大きさになった。洲本市、淡路市でも設置作業が始まっており、両市とも週明けまでの設置完了を見込んでいる。(まとめ・西竹唯太朗)

淡路選挙衆院選兵庫ニュース9区
淡路の最新
もっと見る
 

天気(12月7日)

  • 14℃
  • 11℃
  • 40%

  • 14℃
  • 5℃
  • 60%

  • 13℃
  • 9℃
  • 60%

  • 13℃
  • 10℃
  • 80%

お知らせ